検索
  • 株式会社すみだ不動産

フレックスタイム

更新日:2020年2月15日

伊藤です。

こんにちは。


今日は午前中に予定がなかったので子どもと公園で遊んでから出社しました。

近所の公園に連れて行くと、公園のセンターに腐った木の幹があるのですが、ずっとそれを棒やスコップでほじくっていました。

最近の彼女たちは、その公園の腐った木の幹を掘るのにハマっていて、例によって今朝もずっと木の幹をガリガリやっているのでした。

それをずっと眺めているわたし・・・(ヒマで見てられないです)

とかく、不動産業界で働く方は仕事のタスクが多いのに加えてお客さま都合に合わせて仕事をするためにブラックな労働環境になりがちなので、すみだ不動産ではフレックスタイム制を採用しています。


ブラックな労働環境対策にメンバー個々である程度時間を調整できるようにはじめたフレックスタイム制ですが、リフレッシュのために休養以外、趣味や家庭のためにフレックスさせることもできるようにしています。


五十嵐メンバーは定時に出勤していますが、わたしの場合、家庭以外では趣味のサーフィンに、佐藤メンバーはランニングに、クセの強いメンバーは本日は子どもの誕生パーティーで早帰りにフレックスするようです。


結果として、職場はギスギスした雰囲気とは無縁でメンバー同士仲良く、お客さま対応にもいい感じに影響しているように思えます。


自画自賛になりますが、

すみだ不動産は、わたしが今まで渡り歩いてきた不動産業者と比較すると、本当に性格のよい奇跡のメンバーが揃っているなと思っています。


しかも、営業メンバーは100%宅地建物取引士ホルダーという良質さ・・・

宅地建物取引業法上では宅地建物取引士が5人に1人いればいいということで、最低限ロットでしか宅地建物取引士がいない不動産業者もすくなくありません。


例えば、

売買契約時には重説レディーという重要事項説明書を読むためだけにいる宅地建物取引士ホルダーの事務員さんとホルダーではない営業で構成されている営業会社があったりもするのです。


両社の不動産知識の差は明白ですよね。


実際にオフィスでお客さまとお会いした際には不動産購入や融資相談の他、こんな感じの不動産の闇なんかもざっくばらんにお話できるのでお気軽にお問合せください。

無料面談も随時、ご相談ください。

閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示