検索
  • 株式会社すみだ不動産

団地型区分マンション投資スキーム

すみだ不動産のモリモリこと森田です。 安価で良質な投資物件をお探しであれば、古いけど管理の行き届いた団地型区分マンション🏢は如何でしょう? 格安な戸建は再建築が不可であったり、立地的に不便であったり、はたまた再生に費用がかさみ、購入を断念したりなどのご経験はありませんか? 戸建て派の方には、いささか抵抗があるやもしれませんが、昭和40年代の団地は、エレベーターなしの5階建てがほとんどです。 間取りも50㎡前後の3DKですが、5階部分ともなると毎日の階段利用も大変でなため、当然ながら一般的には人気が無いので価格的にも低価格で設定されバーゲン・プライス‼で取引されることが多くなります。


当然、底値感の強い物件を購入しておけば値下がりリスクが低くなるので利益確定の予測がたてやすいです。

例えば、

8万円で賃貸しているオーナーチェンジ物件を800万円で買って、

5年後また800万円で売った場合、

480万円の賃貸収入が利益確定となります。


購入額   家賃収入  売却額    利益確定

ー800万円+480万円+800万円=+800万円


しかし、

5年後売却時に500万円でしか売れなかった場合、

180万円の利益にしかなりません。


購入額   家賃収入  売却額    利益確定

ー800万円+480万円+500万円=+180万円


値下がりリスクとはそうゆうモノです。(ここはややこしいのでわかりずらいと感じた方はモリモリの説明を聞きにきてください)

底値感のある物件、地域最安値、相場より安い物件を選択することでリスクを低減し、物件を磨くことで購入時より高値売却も狙えるかもしれません。


話は戻って、

団地では老齢化が進み高層階には登るのがつらくて住み替える方がいる一方、賃貸物件として若手が賃借したり、外国人が高層階の方が見晴らしがいいといって購入するケースがあり、住まい方が昔と比べて多様化している点も後押しして、モリモリはそこに注目しております。

多くの団地は日本住宅公団(現UR都市機構)が施工、管理している物件がほとんどで、しっかりと管理されている印象があります。 コミュニティの規模にもよりますが、生活の利便性を兼ね備えた都市計画となっており、日常に不自由を強いられることはありません。 また、リフォームに関しましても、水回り設備さえ押さえておけば、壁紙、木部塗装と、あまり手間もかかりません。 このところ、100万円台からの物件が出てきておりますので、限られたご予算の中で、賃貸経営を始めようとお考えでありましたら、一考の価値はあるかと考えています。 モリモリ目線ではありますが、メルマガ配信物件の中に’そっと入れて’お届けしたいと思います。

ご期待ください!!


それと本日、買主様の事情で契約ブレイクした物件がご紹介可能になりました。

非公開物件のため、概要だけご紹介すると、

藤沢市の路線価が販売価格(580万円)の3倍の戸建、想定利回り16.5%です!

ご興味ある方は藤沢市の戸建の情報がほしいとお問合せください。


モリモリ通信は下のリンク先のすみだ不動産のメルマガ配信登録フォームから簡単に登録できます。

https://www.sumidafudousan.com/blank-10

情報を受け取れたらお気軽にお問合せやご相談いただければ幸いです!



閲覧数:505回0件のコメント

最新記事

すべて表示